お団子至上主義
お団子頭大好き娘ペリシアの、4鯖お気楽極楽ライフの記録的な何かw
◇◆◇◆ ペリシアからのお知らせ ◆◇◆◇
クマクマ遊撃隊雨バージョンの画像作成w 詳しくはこちら♪
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[
スポンサー広告 ]
| --/--/-- --:--| |
お友達は多分知ってる、ペリシアの遊び方♪
最近、とあるブログ主様(鈴蘭さん)と交流する機会があり、そちらのブログでうちを宣伝頂いたので、いつまでも放置ブログという訳にもいかず、仕方ないので頑張って毎日更新…は無理なので、とりあえずそちらからうちに来られた方(別サーバの方が多いみたいです)に、私の基本的なスタンスをご説明しておいた方が良いかな~と思って頑張ってみましたw

鈴蘭の独り言【pso2滞在記】
http://suzuranpso2.blog.fc2.com/

1.基本スタンス
リアル重視のエンジョイ勢。
最優先事項は「お友達」
キャラの個性を楽しみますが、ナリキリまではやらない(疲れるのでw)

ゲームなので楽しむことが大事です。
私の楽しみ方は、ゲームを通じて多くのプレイヤーさんと交流すること。
自分のキャラにとても愛着がありますが、それは個性の部分のみで、強さとかは結構どうでもいい人w
キャラの個性をオートワードやショートカットに詰め込んでいるので、発言率やカットインによる画面占有率が高いです。
人によっては「見にくい」と思われるかも知れません。特にVitaの方は一緒に遊ぶと辛いタイプのようです…

2.効率化との関係について
誤解されやすいですが、基本効率化には賛成します。ただ、効率化が全てではないという考え方です。あくまでゲームなので、成功も失敗も含めて「楽しむ」べきであり、結果にのみ価値を見出す人とは意見の相違が大きいです。
失敗したら「弱い奴は緊急に来るな!!」と喚き散らす人とはお友達になれません。思っても言わないのが大人の対応♪
逆に「ここがダメだったかも、次は頑張ろうね♪」と励ませる人とはお友達になりたいと思います。

・イベントやゲーム経済などをシステム的に分析して、より効率の良い行動を考えることは結構好きw
・実際に自分がそれを実行するかどうかは、状況次第。周囲の状況を見て行動スタイルを変えるので、効率重視派の中ではそれなりに効率良く、エンジョイ派の中では結構ワイワイ騒ぐ感じ。
・効率化を否定するつもりは全くありませんが、非効率である事が悪い事だとは思わないので、その部分で効率重視派さんとは対立する立場。程度にもよりますが、プレイスタイルは尊重されるべきだと思います。

3.交流について
毎日100人くらいとwisしている私のような「交流廃人」になることはオススメしません。
ただ、ネットゲームである以上、他のプレイヤーと関わる機会は多い訳で、その人達と楽しくお付き合いしたいと思いませんか?
※ここで「No」という人は、そもそもネットゲームに向いていないタイプだと思ったり。

リアルでお友達と付き合う時は、きっと誰もが電話したりメールしたり、あるいは実際に落ち合ってお話したりすると思います。
それと同じことをPSO2でやっているだけで、私としては特別なことをしている感覚があまりないのですが、周囲の人達に色々お話を聞く限りでは、やっぱり私のスタイルは「一般的じゃない」みたいで。そこは素直に受け入れるべきだと思うので、私は「交流廃人」であるという前提でお話をしようかと。

PSO2はオンラインゲームです。オンラインゲームである以上、そこには不特定多数のユーザが接続し、その「見知らぬ誰か」と時に協力し、時に対立しながら遊ぶのが基本になります。しかし、その協力のほとんどは「イベント」で「ランダムに選ばれたメンバー」と行うことになるため、基本自発的に行動しなければ他人との接点は生まれません。
交流について良く聞く意見として、フレンド申請が来ないからフレンドが増えない、があります。結論から言えば、受け身である限りはいつまで経ってもフレンドは増えません。リアルでも、お友達になりたいと思ったら自分から声をかけますよね?
でも、誰に対して申請して良いのか分からない、と続くので、貴方がお友達になりたいと思う人に、と答えます。
ここでは逆の視点に立って考えます。貴方はどういう人ならお友達になりたいと思いますか? 緊急で活躍した人とお友達になりたいなら、自分も活躍すれば接点も作りやすいかも知れません。キャラクターが楽しい人とお友達になりたいなら、自分もキャラクターを前面に出す必要があります。私はエンジョイ勢なので、個性的で交流好きな人とお友達になりたいので、私自身も積極的にオートワード等で個性アピールしてます。実際『その名前、緊急で見た事がある』と言われた事も何度か有りますし、その縁で出来たお友達も少なくありません。

次にフレンドになってからの付き合い方。大多数のユーザーさんは『フレンド登録』して、そこで終わり。リストに名前が有っても、どんな人だったかも思い出せない状態だと思います。つまり、フレンド=お友達ではなくて、フレンドになった人と更に交流を深める事でお友達になる、と言うのが正しいと思います。そこで、フレンドに対してwisしたり、ロビーで見かけたら声をかけたり捕獲したり、一緒に緊急とか行ってワイワイしたり、そういう積み重ねの結果として、お友達という関係が成立する。ペリシアはそう思います。

はい、自覚はしています。面倒ですし、やったから強くなれる訳でもありません。何のためにそんな事するの?と真顔で聞かれた事もあります。

だから、私はいつもこう答えます。
だって、リアルでもお友達多い方が楽しいでしょ?こっちだって同じだよ?

そして、面倒な作業の向こう側に、沢山のお友達というかけがえのない財産を得られる、と説明していますが、これは多分自分で経験してみないと分からない事なのでしょう。

結論としては、交流は面倒で強化に繋がらなくて、オートワードが騒々しくて、ゲームの中で人間関係のトラブルにも巻き込まれるリスクがある危険な遊び方です。真似しなさいとはあんまり言えない遊び方なのでしょうね。ただ、こういう遊び方が存在する事、その楽しみ方は多分経験してみないとわからないけど、普通の遊び方では手に入らない大切な物が手に入る事は確かです。

…やっぱりオススメは出来ませんねw

4.それぞれの理想のポジション
鈴蘭さんとの一番の違いは多分ここ。
鈴蘭さんは例えばマンションで言えば管理人さんになろうとして、住人と一定の距離を保ちながら、住人のために動く事を楽しむタイプ。宴会で言えば幹事さん。ある意味典型的な裏方の楽しみ方ですね。

ペリシアは常に人の流れの中心に居ることを目指しています。例えるなら保険の訪問販売員のようなものでしょうか。相手が何処の誰とか関係なく自分から出向き、相手と密接に関わっていこうとするタイプ。宴会で言えば、ムードメーカーかしら。

どちらも自分よりも周囲を大切にしようとするスタンスは同じ。違うのは相手との距離感と、対象の決め方でしょうか。

鈴蘭さんはロビーと言うくくりで線を引いて交流しようとしているみたいで、そこに確かに線は引かれていて、線の内側と外側、そこにどのような意味を持たせるのか、それが重要になるのでしょう。線を引いた分だけ、線の内側での交流は広がりやすいのが大きなメリットだと思います。

私は私を中心としたお友達ネットワークを構築しようとしていて、条件は私と交流してくれるかどうかだけ。相手を選ばない事と規模拡大が簡単な反面、あくまで私個人と相手の線の交流の集まりなので、横の広がりはあんまり期待出来ないのが難点。

どっちが良いとか悪いではなく、それぞれの良い所を理解して上手に活用出来るかどうかが大事かな。

5.結局のところ
世間で認知されているネットゲームの一般的な遊び方以外の所に楽しみ方を見出している所が最大の共通点だと思ったりw
変わったもの同士、仲良くして頂けたら幸いです♪
スポンサーサイト

[
独り言 ]
| 2015/03/31 07:34| TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://perisia.blog.fc2.com/tb.php/329-198b90c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ぷろふぃ~る

ペリシア

Reginleiv.jpg

Name:ペリシア・エスタシア
Server:アンスール(Ship4)
Team:闇夜に彷徨うもの
Comment:
メンバー絶賛募集中♪



必ずお読みください^^;

このブログで使われている画像は全てPSO2で撮影したものです。
そのため、画像の著作権は全て㈱SEGAが所有してます。
という訳で、画像の無断転載はやっちゃ駄目ですw
いいですか? ペリシアとの約束ですよ?w



ペリシアのオススメ♪

お友達ののんこちゃんが作った動画ですw すっごく素敵なので是非見てくださいね~♪
『Walk the PSO』



カテゴリ



最新記事



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



QRコード

QR



PSO2バナー♪





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。